歯科治療の変化

多くの方にとって、歯医者へ通うときとは、症状が悪化したときや進行したときではないでしょうか。その状態で歯科医院に行くために、多くの治療に痛みが伴います。この経験から多くの「歯科医嫌い」が生まれ、治療から足を遠ざけてしまうのです。 この痛みを伴う治療とともに、「キーン」という甲高い音に身震いを覚える方もいるでしょう。この寛高い音は、歯が削られて起こるわけではありません。歯科医療器具の機械音なのです。高速で回転するため、風を切る音が生じているのです。歯に伝わるのは振動だけですが、苦手とする方が非常に多いのが事実でしょう。 このように「歯科」治療に対してマイナスのイメージを持つ方がいる中、医療技術は進歩し、歯科治療の場においても用いられるようになっていきました。「痛みの少ない」治療を可能にする、レーザー治療が開発されてきたのです。

レーザーによる治療は、痛みが少なく、早く・きれいに治療を行なうことができます。このレーザー治療の効果とは、まず、痛みのない治療を提供することが出来ます。光りを当てるだけの治療であり、ほとんど痛さを感じることはありません。そして、ポイントでの治療が可能です。不要な部分まで削る必要がないので、歯を保つことができます。また、レーザーには止血作用と殺菌・消毒作用があるので、衛生的且つ早期の治療回復を見込めることが出来ます。歯科医療で使用されているレーザは、多くの医療分野で安全性が確立されています。そのため、副作用もなく安心して治療を受けることが出来るのです。 歯科治療現場においてのレーザー治療は、従来の治療の常識をくつがえしました。医療技術の進歩と共に、今後も広くレーザー歯科治療が普及していくと考えられています。